水素スティック

水素水で「水素のチカラ」を身体に取り入れる!

ご家庭で簡単に作れます。

水素スティック Zee-60

水素スティック zee-60

  • 税込価格 ¥3,888
    • (本体価格¥3,600)
  • 原材料名
    • セラミックスボール集合体
  • 内容量
    • 20g/スティック内蔵
  • 水素スティック本体
    水素スティック本体


【水素水の作り方】

500mLの密閉ボトルに水とスティックを入れます。

高濃度の水素水を作るコツは、水面とフタの間の空間を無くすことです。

水面とフタの間に隙間があると、水素が空気中に逃げてしまうからです。
出来上がった水素水は、一度で飲みきるのが理想的です。

水素水専用アルミ密閉ボトル


【水素水のボトル】

水素水を作る時の容器は、ペットボトルより、密閉できるアルミボトルの方が、高濃度の水素水を作れます。

  • 税込価格 ¥756
    • (本体価格¥700)
  • 実容量
    • 500mL


水素量が従来品より倍増!!

水素が水中で発生して減りにくく、いつでも、どこでも、簡単に作りたての水素水を飲むことが出来ます。

500mL前後の水に対して1本のスティックを使用し、約6時間経過したところでお飲みください。

夜に作っておくと、翌朝(12時間経過)には、より水素量の多い水が飲めます。

例えば、スティックとアルミ密閉ボトルを2つずつ用意し、24時間かけて作った高濃度の水素水をローテーションで飲用すると、より効果的です。


スティック1本で2カ月!

スティック1本を2カ月使用した場合
\3,600 ÷ 60日 = 約60円/日


水素水の酸化還元電位(ORP値)とpH値のデータ測定

当店で取り扱う「水素スティック Zee-60」を使って作った水素水の
酸化還元電位(ORP値)とpH値を測定しました。

身体に取り入れる飲み水に、水素がどれくらい含まれているのか?
その判断の目安となるが酸化還元電位(ORP値)です。


酸化還元電位(ORP値)

  • ORPがプラスを示す水は酸化
  • ORPがマイナスを示す水は還元


pH値

(酸性) ← ←  → → 14(アルカリ性)


水素水のデータ測定

地域による差異がありますが、一般の水道水は

  • ORP: +500 mV
  • pH : 7.0

上記のような値を示すとされます。

それでは、「水素スティック Zee-60」を使って作った水素水の測定データをご覧ください。


測定条件

  • 水: ミネラルウォーター
  • 水量: 400 mL


測定手順

  1. 酸化還元電位計とpH測定器をセットして測定を開始
  2. 水素スティックを水の中に投入
  3. 20時間の経過をデータ測定


水素水のpH値を見ると、数値上ではアルカリを示しています。
これは水の中のプロトン(H⁺)が、水素によって減らされていることで起きている現象です。
例えば、水酸化ナトリウムのようなアルカリ物質とは違い、身体の中で悪さをするものではありません。




付記

ORP(酸化還元電位)

水は「電子」をたくさん吸収した状態だと、「電子」を与えやすい状態の水となります。

つまり「電子」が豊富にあり、他の物質に「電子」を与えることができる状態なので還元しやすい水となります。

逆に、「電子」を奪いやすい状態の水は、酸化しやすい水となります。

酸化還元電位(ORP)は、水が還元しやすい状態なのか、それとも酸化しやすい状態なのかの指標で、電位(V)を用いて表します。

pH(ペーハー)

pH(ペーハー)は、水素イオン濃度の指標です。

水は「電子」が豊富な状態だと還元されて「水酸イオン(OH⁻)」が生成されます。

水の分子は「水酸イオン(OH⁻)」と「プラス水素イオン(H⁺)」に分かれています。

pHは、この「水酸イオン(OH⁻)」と「プラス水素イオン(H⁺)」の濃度を表現する指標です。

  • 「プラス水素イオン(H⁺)」 = 「水酸イオン(OH⁻)」 → 中性
  • 「プラス水素イオン(H⁺)」 > 「水酸イオン(OH⁻)」 → 酸性
  • 「プラス水素イオン(H⁺)」 < 「水酸イオン(OH⁻)」 → アルカリ性